うほのブログ

自分の趣味をご紹介するブログです(^^)

ミニトマトの枝が折れた/茎が折れた/まだ助かるかも/対処法のご紹介

どうも。うほです。

ミニトマトの茎や枝が折れてしまった。。ということないでしょうか?

家庭菜園では、苗の数も少ないので、一度折れてしまった時の精神的ダメージは相当なもとのお察しいたします。自分もこの方法を知るまでは同じでした。。。

折れてしまった枝はそのまま放置しておくと枯れてしまいますが、対処の仕方次第では再度復活するかもしれません。

 

今回は、ミニトマトの枝が折れてしまった時の対処法をご紹介いたします。

こんな感じでミニトマトの枝が折れてしまったときは、復活する可能性が高いです!

f:id:uhogorilla73:20210513142158p:plain

 

■復活させる方法

ペットボトルなどの水を入れた容器に折れてしまった枝をつけておく。です。

挿し木という方法をつかって、折れてしまった枝の下の方から新しい根っこを出させる方法です。

 

■手順1

この方法では、葉っぱの枚数が多いとたくさん光合成をしてしまい、すでに折れて弱っている枝自体の負荷が高くなってしまうので、余分な葉っぱをハサミなどを使って切り落とします。

(枝の下側から新しい根っこが出てきますので、下の方の葉っぱはハサミでカットします)

f:id:uhogorilla73:20210513142443p:plain

 

■手順2

大きい葉っぱもたくさん光合成をしてしまうのでカットします。

(花などがついている場合は実の成長に力を使ってしまい途中で枯れてしまいますので、花はカットするのが良いかと思います。根っこが出てきたらまた花を咲かせると思いますので、今は我慢の時です)

f:id:uhogorilla73:20210513142600p:plain

 

■手順3

枝の負荷は減らしますがすべての葉っぱをカットしてしまうと光合成できなくなってしまいますので、上の方の葉っぱは残します。

(カットし終わった後はこんな感じです。)

f:id:uhogorilla73:20210513142938p:plain

 

■手順4

ペットボトルに水を入れて、折れた枝を挿します。

水は水道水で大丈夫です。ペットボトルの飲み口くらいまで水を入れるのが良いです。

f:id:uhogorilla73:20210513143038p:plain

 

■手順5

ペットボトルは直射日光の当たらない日陰などに置くようにします。

数日~10日くらいで根が出始めてくると思います。

↓の写真は別の枝ですがペットボトルに挿してから12日くらいが経過した時の写真です。

f:id:uhogorilla73:20210513143239p:plain

 

※ポイント①

・気温が高くなればなるほど水の蒸発と吸収スピードが速くなりますので

 気が付いたらペットボトルの水位が下がっていて、枯れてしまうことのないよう

 1~2日くらいのペースで水位を確認することをオススメいたします。

 

※ポイント②

・この方法は5月~7月前半くらいまでは根っこが出やすいです。

   時期で出やすいというよりは気温的にです。

 8月や9月は根っこが出るのですが、ペットボトル内の温度が上がってしまうと、

 枝が茹で上がってしまい根っこが出にくくなります

 真夏にこの方法を利用する際は、涼しい場所にペットボトルを置くようにすると

 いいかと思います。

 

※ポイント③

・折れた枝が小さすぎる場合(長さが5cmくらい)は、根っこが出ないことが多いです。

 逆に、枝が長すぎる場合は長くても20cmくらいの長さになるようにカットするのが

 よいかと思います。

 (インターネットで "ミニトマト 挿し木" などで検索すると、たくさん情報がでてきます。)

 

■おまけ

今回、ペットボトルを使った方法をご紹介しましたが、ペットボトルを使わずに、地面に直接挿す方法などもあります。

ミニトマトの苗の"わき芽"と呼ばれている部分は、今回ご紹介した方法を使うと、同じ品種の新たな苗とすることができます。

ホームセンターなどで苗を1本購入してきて、その苗のわき芽から新しい苗を量産することで、お気に入りの品種をたくさん収穫できるようになります。

 

■最後に

今回の方法を使えば、折れてしまった枝でも2週間後くらいには、新しい苗として育てていくことができます(^^)/

みなさまの家庭菜園ライフの役に立つと嬉しいなと思い、今回はここまでとさせていただきます。